カウンター

胆振エリアを巡る旅2‼
胆振・大平洋ライン-ぐるっとプチ旅‼

室蘭、登別、白老、苫小牧、厚真、むかわを巡る旅‼

この地域の概要

金屏風絵鞆半島外海岸 室蘭市

金屏風地球岬とトッカリショの間にある一帯は、火山灰が貫入溶岩で黄変したという約100mの断崖が連なり、崖面に朝日があたると金の屏風を立て連ねたように見えるのでこの名で呼ばれたという。展望台からの風景は最高ですが、屏風を連ねたという景観は見えない。◇所在地:室蘭市母恋南町4

地球岬絵鞆半島外海岸 室蘭市

ピリカノカ・地球岬平成25年に設置された新しい地名由来板では名勝ピリカノカとなっています。ピリカノカの指定は地球岬と絵鞆半島外海岸(地球岬、増市浜、ハルカラモイ、トッカリショ浜)の4カ所を合わせて名勝ピリカノカとして指定された。指定された所には名勝ピリカノカの説明板と地名由来板が設置されている。説明板より『ピリカノカとは、アイヌ語で「美しい・形」を意味し、アイヌの物語や伝承・祈りの場、言語に彩られた優秀な景勝地を総称するもの・・中略・・道内7番目の名勝ピリカノカに指定されました』以下は地球岬の地名由来板より
『地球岬は、元々アイヌ語ではポロケチウェと呼ばれていました。これは「親である・断崖」という意味で、岬の断崖そのものに付けられた地名です。船で洋上から見るとこの断崖はひときわ大きくそびえ立ち、親である(大きな)と呼ばれた意義が感じ取れます。なお岬の東側に続く断崖は、ポンケチウェ「子である・断崖」と呼ばれ対になっています。平成25年12月 室蘭市教育委員会』となっている。太平洋に突き出て高さがあり、恵山岬や下北半島も眺望できる国内有数の景勝地。渡り鳥の中継地としても知られる。◇所在地:室蘭市母恋南町4

チャラツナイ絵鞆半島外海岸 室蘭市

チャラツナイ展望台から切り立った断崖絶壁と奇岩群を望めるが視界は樹木で遮られよくないが西側の方は視界は開ける。海上に点在する岩で一番大きい円錐状をしている岩をアイヌ語でマサカリ岩を意味する「ムカル・イソ」と云い「昔アイヌの神々が、天地創造の時に使った道具をチャラツナイの浜に捨て、そのうちオノはあまりに重いため岩になってしまった」というムカルソ岩の伝説がある。チャラツナイの語源はアイヌ語「チャラルセ・ナイ」からという。◇所在地:室蘭市母恋南町1

長谷川正治歌碑絵鞆半島外海岸 室蘭市

長谷川正治歌碑チャラツナイ展望台の際にある歌碑で「天あめ地つちの創世まさに此處ここに見ゆ大わだつみの寄せて止まずも」と刻まれている。長谷川正治氏は室蘭出身の歌人で書家、室蘭市長も務めた人で碑は昭和32年に建立されたが道路の拡幅で平成2年に現在地に移設。歌はムカルソ岩の伝説の地を詠んだ一首。ムカルソはアイヌ語でオノの意味。この岩は斧の刃を上にした形で柄付けの部分に長方形の孔が開き、今は蓬莱門と呼ばれているが陸からは見えません。◇所在地:室蘭市母恋南町1

増市浜絵鞆半島外海岸 室蘭市

増市浜「地名由来板のピリカノカは省略、増市浜の部分を転載します。増市浜は元々アイヌ語でマスイチセ(マシュイチセ)と呼ばれていました。これは「海猫(の)・家」という意味で、海鳥がたくさん巣をつくる場所を言い習わした地名になります。このほか湾や磯ごとにも地名が付けられていますが、マスイチセと呼ばれたのは岬の先にある白い岩のことで、洋上や追直のMランドからよく見えます。平成25年12月 室蘭市教育委員会」絵鞆半島の南西の端で崖の上に展望台がある。展望のよさに海岸に点在する奇岩怪石がインパクトを与えている。◇所在地:室蘭市増市町2

ハルカラモイ絵鞆半島外海岸 室蘭市

ハルカラモイ岩肌がU字型に抉られた先に見えているのがハルカラモイ。食料を採る入江という意味で、魚が多く波静かな入江から名付けられている。この断崖絶壁の海側にアフンルパロ(入る道の口)と呼ばれる洞窟が有るという。海岸まで降りる事ができそうな地形に見えた。◇所在地:室蘭市増市町2

ローソク岩絵鞆半島外海岸 室蘭市

ローソク岩説明板があっても岩の特定に迷うことが多いが、ローソク岩だけは名前と特徴が簡単に一致する。標高100m程度の高所から見るのでずんぐりしたローソク岩になってしまうが。ここは意外と遠くがみえて、条件が良ければ駒ヶ岳まで見えるという。◇所在地:室蘭市増市町2

銀屏風絵鞆半島外海岸 室蘭市

銀屏風絵鞆岬からハルカラモイまで約1.5Km、高さ約80mの凝灰岩で出来た断崖絶壁で、浸食によって出来た模様がありアイヌ語で「チヌイェピラ=彫刻のある崖」と呼ばれた。この崖に夕陽が当たると銀色に輝くというので銀屏風とよばれるが陸からは殆ど見えない。◇所在地:室蘭市増市町2

祝津公園展望台室蘭市

祝津公園展望台標高70m程の祝津公園展望台は白鳥大橋の手軽な展望スポット。白鳥大橋を南側から鷲別岳を背景にループ部分も含めて橋全体が一望できる。展望台下の景観はあまりよくないが夜景ではそれほど気にならないでしよう。展望台に登る途中にも眺望の良い場所がある。◇所在地:室蘭市祝津町3

絵鞆岬展望台絵鞆半島外海岸室蘭市

絵鞆岬展望台船の形をした展望台で室蘭市が設置した説明看板がある。説明板より転載。「絵鞆は、アイヌ語のエンルム(突き出ている頭・「岬)を語源とし、慶長年間にアイヌの人達との交易の場・絵鞆場所が開かれ、交易・交通の中心地となったことから、室蘭発祥の地とされている。また、1796(寛政8)年には、絵鞆沖にイギリスの探検船プロビデンス号が来航し、天然の良港「エンデルモ(エトモ)・ハーバー」(室蘭港)や「ボルケイノ・ベイ」(噴火湾=内浦湾)を世界に紹介した。この展望台は、これらの歴史を背景に、室蘭市開港120年市制施行70年の節目の年に、室蘭市の新たな旅立ちと自らが発見者・チャレンジャーとなるよう、未知なる大海原へ船出した帆船をイメージして作られた。平成4年12月 室蘭市」◇所在地:室蘭市絵鞆町絵鞆町2丁目

絵鞆先住民慰霊碑室蘭市MAP

絵鞆先住民慰霊碑碑文より「この慰霊碑は、室蘭開発の先駆者である先住民の霊を慰めるために、先住民チャシ(城砦)のあったこの地に、室蘭開港90周年・市制施行40周年を記念して建立したものである。この地域は、室蘭発祥の地として永く記録されるべき土地であって、先住民は、ここを拠点として漁撈に耕作に従事し営々として文化の礎を作り今日まで幾多の挿話と傳説が傳えられている。ここに眠る先住民の多くの霊に対し永久に安住の地たらんことを祈念し、あわせて開拓の歴史をたたえる次第である。-以下省略」碑は昭和37年建立で、アイヌ文様の碑面に風が当たると音がでる設計という。碑文にあるチャシはエンルムチャシというが遺構らしきものは見当たらず、他に岬には2カ所のチャシがあったという。◇所在地:室蘭市絵鞆町2丁目

モロラン陣屋跡室蘭市

モロラン陣屋跡説明板より「・前略・幕府は、嘉永6年のペリー来航により、箱館開港と箱館奉行所を設け、安政2年には、松前藩任せでは無理との判断から蝦夷の直轄を決めた。幕府は、東北5藩に分担で蝦夷の警備を命令した。南部藩は、箱館から幌別までの海岸一帯の警備を命ぜられた。現地調査にあたった上山半右衛門、新渡戸十次郎は、仮想敵国ロシアは港から侵攻すると想定した陣を敷いた。津軽海峡を守る箱根元陣屋に主力を置き、絵鞆に出張陣屋を、長万部のこの地に屯所を、砂原には分屯所を設けることにした。ヲシャマンベ陣屋は室蘭の出張陣屋と同じく安政3年に構築されたが、安政4年12月長万部沿岸が砂原遠浅のため外国船が容易に近づけないことから南部藩は自藩に引き上げた。-以後省略」◇室蘭市陣屋町2丁目5番

愛隣学校跡登別市MAP

愛隣学校跡日本の近代化は明治維新に始まるが、開拓使が進めた同化政策はアイヌ民族従来の生活手段を奪い、言語や文化的伝統を破壊するものでした。幕末から明治初期には松浦武四郎や松本十郎のように、アイヌ文化に理解を示しアイヌ民族の人権を守ろうと努力した人もいたが、その後のアイヌ民族の人権や文化を守る仕事は外国人の宣教師や医師によって始められ、その仕事に生涯をかけた人がバチェラー宣教師。ジョン・バチェラーが明治26年に札幌に転居するまで、幌別を中心にキリスト教伝道に従事、遠くは日高方面まで行っていたという。◇所在地:登別市幌別町5丁目2番地

知里眞志保之碑登別市MAP

知里眞志保之碑知里博士は山田秀三氏とコンビで各地のアイヌ語地名を読み解いてきた事でも知られ、地名ファンの為に書かれたアイヌ語入門と地名アイヌ語小辞典は隠れたベストセラーかもしれない。碑には「銀のしずく 降れ降れ まわりに」と刻まれている。

碑文1『知里眞志保略歴 明治42年幌別郡に生る。登別小学校、室蘭中学校、第一高等学校、東大卒業、文学博士、北大教授、東大講師となる。分類アイヌ語辞典そのた数々の不朽の名著が後の世に残った。昭和36年札幌にて没 52歳』

碑文2『彼は登別川のほとりで育ったアイヌ系の腕白な少年であった。長じて天才的な言語学者となり、その名は今に世の畏敬の的である。故郷をしのび海の見える丘に住みたいと云っていたという。有志相はかり、ここハシナウシを選びこの碑を建てた。友人 山田秀三』※碑は碑文にあるように太平洋と生まれ育った登別川をのぞむ丘に建立したというが、平成8年9月に登別小学校移設されています。 ◇所在地:登別市登別本町3丁目25番地3

アイヌ伝承の洞窟アフンパロと登別のアフンルパル登別市

アフンパロ観光用の説明板より『昔、奥さんに先立たれた1人の老人が、ある日の朝浜で昆布拾いをしていたところ、遠くの方で自分の奥さんも昆布を拾っていた。そこで声をかけようとしたところ、そのおばあさんは浜辺にある大きな穴の中に入って行きました。おじいさんも追いかけようとしましたが穴はすぐ行き止まりとなり、入ることは出来ないのに、亡くなった人は出入りできるのを見て、この穴があの世への入口だとわかったそうです。白老町』アフンパロの伝説は各地に伝えられているがこれもそのひとつです。またこの洞窟のある崖上の大地はカムイミンダラと呼ばれた所という。アフンパロは海岸や河岸に出来た自然の洞窟が一般的なようですが、登別の蘭法華岬の台地上でトンネル脇にかすかに痕跡が残っている江戸期の旧道「七曲がりの坂」を登り詰めた北側にあったアフンルパルは人工的に掘り込まれた極めて特殊なタイプだつたという。国道工事で寸断されたが約4分の3が残り説明板もあるが遊歩道はないようです。◇所在地:白老町虎杖浜& 登別市登別本町3丁目35番地

イザべラ・バードが歩いた道と白老駅逓跡白老町MAP

イザべラ・バードと白老駅逓駅逓跡を訪ねる旅でたどり着いたイザべラ・バードの説明碑。イザべラ・バードがこの地を通過した明治11年の記録に「百頭以上の馬の群れが走る音で目覚た」「非常にきれいな新しい宿屋で部屋も快適」と記し、イザべラ・バードが歩いた道説明版に『明治11(1978)年8月、バードは最終目的地の平取に向かう際、往復3日にわたり、白老駅逓に宿泊しました。白老で野生馬を追いかけるアイヌの姿を見かけ、白老川流域では温泉を確認、大噴火後の樽前球を遠望し、アイヌの住宅を訪ねるなど、バードが感じた白老の魅力とは?彼女をして何がこのように書かせたのか?』とあり続いてイザべラ・バードについて紹介している。開拓使が引き継いだ時の駅逓取扱人は大沢周次郎で、白老駅逓は札幌本道の開通した後の明治10年頃(北海道宿駅制の研究では明治7年)に本道脇に新規移転していたようです。駅逓は今の三好商店とカネイ佐藤商店のあいだの空き地(板塀のある所)にあったという。◇所在地:白老町本町1丁目7-5 しらおい創造空間・蔵

誉れの水松白老町

誉れの水松駅逓跡を訪ねる旅で「誉れの水松」との出会いがあった。明治14年の明治天皇北海道巡幸の際、駅逓取扱人の大沢周次郎(周二郎?)宅を臨時行在所(宿泊所)にあてたという。大沢宅の庭でアイヌの人々がイオマンテを披露。そのとき庭にあったイチイの古木の見事さをたたえられたことから「誉れの水松」と呼ばれる。後に大沢宅は火災で焼失、その跡明治天皇巡幸の記念碑が建立されたというが詳細不明、白老八幡神社に移設されたとも云うが見当たらず。代わりに出会ったのが「誉の水松」で大沢から白老八幡神社境内に移植され昭和47年に記念保護樹木に指定された推定樹齢250(800?)年で白老駅逓縁の松でもあった。◇所在地:白老町本町1丁目1-11

白老仙台藩陣屋跡白老町

白老仙台藩陣屋跡ロシアの南下政策に対処する為、東北諸藩に命じ蝦夷地を分割警備させた。仙台藩は白老から襟裳岬を経て国後、択捉島までの東蝦夷地の警備担当で、当初は勇払に元陣屋を置くよう命じられたが、白老が適地であるとし白老に元陣屋を置いた。元陣屋は1856年秋に完成、そのほか東蝦夷各地に出張陣屋を置き警備に当たる。元陣屋は円形や弧状の堀と土塁に囲まれ、外曲輪と内曲輪に分けられている。その中に6つの門を構え、本陣、勘定所などを築き、常時100名以上の藩士が駐屯。1859年には藩領地となったため代官も置かれた。仙台藩は戊辰戦争が勃発した1868年(明治元年)まで白老で警備にあたりました。維新後は一関藩が1871年の廃藩置県まで白老統治を行い、その後開拓使に引き渡されました。仙台藩白老元陣屋跡が復元整備され、今は「白老仙台藩陣屋跡」として国指定史跡になってる。◇所在地:白老町陣屋町681

アイヌ民族博物館白老町

アイヌ民族博物館アイヌ民族博物館のHPより「アイヌ民族に関する専門の博物館として1984年、ポロトコタン内に開館しました。かつて北海道や樺太、千島列島、東北地方北部に住んでいたアイヌ民族の文化的所産が網羅されています。チセ(家)をかたどった建物の中には、衣食住や生活様式などがわかりやすく展示され、アイヌ文化の調査研究、世界各地の先住民族との交流の拠点ともなっています。」松浦武四郎の碑が建立されたのを機会に訪問してきました。詳しいことは博物館のサイトアイヌ民族博物館でどうぞ。◇所在地:白老町若草町2-3-4

開拓使三角測量勇払基点蝦夷地開拓史跡公園 苫小牧市MAP

開拓使三角測量勇払基点開拓使は道路や鉄道建設、炭田や鉱山開発のため正確な北海道地図を作成するため三角測量法による地図作りを開始。1873(明治6)年に勇払と鵡川を結ぶラインが基点と定められて石柱と目標台が建てられ、明治8年から測量を開始。開拓使三角測量勇払基点は風化を防ぐため地中にあるが三角にデザインした上からのぞきこむことができる。勇払基点は1962年に発見されているが鵡川基点の場所は見つかっていない。◇所在地:苫小牧市字勇払132番地49

八王子千人同心追悼之碑蝦夷地開拓史跡公園 苫小牧市MAP

八王子千人同心追悼之碑江戸幕府の下役人で武蔵、甲斐国の国境警備と治安維持を任務としていたが、幕府に蝦夷地勤務を願い出て、1800年に約100名が2隊に分かれて白糠と勇払に入る。隊員50名は鵡川町の町汐見で、畑作地開墾と警備に当たるも、寒冷と栄養不良、疾病などで1年足らずで3割が死亡し入植者は4年で離散。八王子千人同心関係4基9名他、会所関係の合計18基29名が祀られている。苫小牧発祥の地であり、東蝦夷地における和人最初の墓と言われる。白糠町には八王子千人同心頭のひとり、原半左衛門縁の地碑がある。◇所在地:苫小牧市字勇払132-38

浜厚真八幡神社厚真町

浜厚真八幡神社ここを訪問したのは厚真町の開祖で明治初期の駅逓運営と渡船場を管理していた青木與八氏の碑を見たかったことが動機だが、神社も過疎で統廃合され周辺に点在していた碑もまとめられているようです。稲荷社と地神碑、馬頭観音に記念碑二基、顕彰碑が二基あります。入り口横に厚真町立浜厚真小学校の校門が片方だけ残っているが向いている方向に違和感が、駅裏にあった時と同じ向きにしたものか。明治年代に簡易教育所があったというが、市街の中心地が上厚真になり大正14年に小学校は上厚真に移転。新校舎への通学に不便なため旧校舎を使用し3学年まで収容ということで分校のような存在だったようだが昭和56年に閉校している。◇所在地:厚真町浜厚真

鵡川アイヌ慰霊碑むかわ町MAP

鵡川アイヌ慰霊碑碑文より一部抜粋『この川筋は昔から漁猟の盛んな地で多くのアイヌ達が住んでいた。アイヌ達はこの地の厳しくとも豊かな大自然の中で民俗の生活、精神文化を継承しつつ生活を送ってきた。明治になってから先人のアイヌ達は鵡川の開拓に励み今日の町の発展の礎を築く事に協力してきた。この幾多の先人ウタリ(同胞の意)の其の労苦に感謝し、功績を讃え町の協賛を得て、茲に開町百年を記念しこの碑を建立する。』とありました。碑は大きな自然石で目立ちます。むかわ町中心部から国道235号線を富川方面へすすみ、鵡川にかかる橋を越えコンビニから右折すると鵡川大漁地蔵堂横の横にある。◇むかわ町汐見

八王子千人同心追悼之碑むかわ町MAP

八王子千人同心追悼之碑八王子千人同心の入植経過は勇払で記載しているのでここでは割愛するが、原新助が率いる勇払隊は開拓に不向きな勇払での開拓を断念して鵡川に主力を移し『鵡川畑作場』を営むが、越冬するには食糧の自給自足が不十分な事や、異なる気候風土により死者が続出した事もあり鵡川の地を引き払いますが、入植地の正確な場所はわかっていないようです。 蝦夷地への移住隊は130人で死者総数は33人といい、その追悼のため30年程前に建立され、史跡標柱が目印になる。慰霊碑は鵡川大漁地蔵堂境内の目立たないところにある。◇むかわ町汐見

教育発祥の碑 和泉小学校の足跡むかわ町MAP

教育発祥の碑碑文の一部から「明治25年来住した和人によりアイヌの子弟を小石川シラマオクの家に集め、寺子屋方式教育が始められた。同28年6月、中村平八郎、森本イカシモ、紀藤昆次郎、横山武右衛門、川口菊藏、各氏等が校下各氏の協力を得て公立の新校舎を完成、鵡川尋常小学校累標(ルベシベ※和泉の旧名)分校として創立、これが和泉小学校の発祥となる。---中略---同(明治)40年10月旧土人学校の指定校となり---以下省略」全文は碑の写真でご確認を!! 碑は開校100周年記念協賛会により平成7年に建立されていますが、和泉小学校は平成21年に廃校となり現在は別な施設として使用されている。碑文にある中村平八郎氏の住宅は穂別市街に移設復元され中村記念館として公開。森本イカシモ氏は穂別アイヌの酋長であったという人物で、明治27(1894)年には宿屋と人馬継立業を経営していたとの事、これが穂別最初の駅逓となるようですが詳細は不明。駅逓跡を含め穂別の碑は改めて現地で調べる予定です。◇所在地:むかわ町穂別和泉

むかわ町穂別地球体験館むかわ町

むかわ町穂別地球体験館宇宙と地球の創成期から現代まで8つのテーマごとに超大型ジオラマでその姿を再現している。大人でも充分楽しめるが、サイエンスガイドさんが付くので次代を担う子ども達にお勧め。穂別というと化石が思い浮かびますが興味ある方は向かいの博物館で。◇所在地:鵡川町穂別

中村記念館むかわ町MAP

中村記念館旧穂別村(現・むかわ町)の草分け時代に入植した中村平八郎の邸宅を穂別市街に移設し公開。大正13年に建築された木造住宅が先人たちの苦労を今に伝えます。平成13年8月28日、国の登録有形文化財に登録されています。駐車場は4台程度のスペースです。◇所在地:むかわ町穂別

噴火湾&大平洋湾岸ミニギャラリー

金屏風2 地球岬2 地球岬3 チャラツナイ2 増市浜2 増市浜地名由来 ハルカラモイ地名由来 絵鞆岬1 絵鞆岬2 トッカリショ浜 トッカリショ浜地名由来 白鳥大橋 ポロトコタン 白老仙台藩陣屋跡2 白老仙台藩陣屋跡3 白老会所跡 旧札幌本道 蝦夷地開拓史跡公園 蝦夷地開拓史跡公園2 勇武津資料館 和泉教育発祥の碑文 中村記念館説明 穂別地球体験館展示室1 穂別地球体験館展示室2 室蘭地名由来 知里眞志保之碑2 アフンパロ ビウスツキ像 青木與八碑 浜厚真小中学校校門 イザべラ・バードが歩いた道 旧えりも岬灯台の光源

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。併せてもHTML5構文エラー修正とリンクの見直しをしています。

横走り pagetop  戻る  先へ

日本海にしん街道

北海道・番外編

モバイル掲示板

掲示板談話室

相互リンク

お勧めリンク

rss10 rss20

まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1