カウンター

道北・道東釣り紀行
新十津川町のアウトドア&フィッシング情報‼

新十津川の釣りと袋地沼

画像枠新十津川の釣りといっても山岳渓流から奔流、湖沼の釣りと範囲は広いが、メインとなるのは石狩川の三日月湖をメインにした野ベラ釣りていう印象がつよい。袋地沼は石狩川のショーカットにより出現してから一世紀近く、馬蹄形の湿地帯の中に4つの沼があり全体に浅い沼です。その中で一番上流側に有る沼がヘラブナ釣場として知られる通称砂利穴と呼ばれている沼で、入口は砂川側からになります。他の沼は全体に浅いがこの沼は砂利を採取した跡で深さがあり水が綺麗、加えて周りに道があるため釣場に入りやすくいつも釣り人の姿が見られます。他でも釣れるとは思いますが釣場としての環境は良くありません。早春と晩秋は渡り鳥の中継地になるので、その時期を外されるとよいかも。◆新十津川町花月

花月沼

画像枠札幌より国道275号線を浦臼経由で新十津川町に入るとすぐ花月と書かれた交差点が、ありそこを右折し石狩川の堤防に上がる。石狩川を挟んで砂川オアシスパークの水門が見える付近になる。その堤防上を下流側に進むと右側に見えてくるのが花月沼です。堤防側は釣場にはいるのが容易で人気はあるが対岸は自然の状態で簡単には入れません。釣をする前に整地の作業が必要とおもいます。先人の造った所を使わせて貰うのがいちばんかもしれません。◆新十津川町花月

徳富川

画像枠徳富川は流路延長50kmの一級河川で、かつてはサクラマスも遡上し空知随一の名流とも云われ、有料釣場が有った事でも知られる。今でも水は綺麗だが取水により下流域は極端な減水、上流には魚が遡上できない砂防などもあり、それに加えてヒグマには注意が必要な川です。吉野公園迄はウグイが多く、フライでは閉口してしまう。上流の北幌加橋前後からは運が良ければチビニジマスの姿は見られるかもしれない。本格的にニジマスを狙うとしたら、砂防ダムの上流と云うことになるが、徳富ダム建設工事が続いているので核心部には入れそうになが、ダムが完成すると下流は様変わりしてますます魚の住みにくい川になってしまいそうだ。

ピンネシリ

画像枠標高が標高1.100mも有りながら山とも岳とも付かずただピンネシリと呼ばれる珍しい山。山頂に雨雪量計システムが設置された事から管理用道路が整備されこのコースを利用し、裾野から山頂までを往復するウルトラマラソン大会が平成7年に始まり名物となっています。それ以外の時は登山道で登る事になり砂金沢登山道入口の避難後屋を過ぎてからは張り出した尾根沿いに登山道が続いている。尾根と言っても見晴は殆どなく待根山からは時々視界が開ける。何処でも同じですが自然の中深く入るときはヒグマ除けの鈴は持って行きましょう。

新十津川町の自然と観光スポット・ミニギャラリー

画像枠 画像枠 画像枠 画像枠 画像枠 画像枠

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

空知 NAV

新十津川町の旅
滝川市を巡る旅
雨竜町を巡る旅
深川市を巡る旅
沼田町を巡る旅
秩父別町を巡る
妹背牛町を巡る
北竜町を巡る旅
芦別市を巡る旅
赤平市を巡る旅
浦臼町を巡る旅
月形町を巡る旅
歌志内市を巡る
上砂川町を巡る
砂川市を巡る旅
奈井江町を巡る
美唄市を巡る旅
三笠市を巡る旅
岩見沢市を巡る
夕張市を巡る旅