カウンター

北空知と中空知に残されたアイヌ伝説と昔話‼

赤平付近の天地創造神と妹

『根室本線赤平の付近で、北海道を作ったコタンカラカムイという神様が、どうしたことか性の悪い熊につかまって、大怪我をしたことがあった。その知らせをうけたコタンカラカムイの妹が、泣きながら兄の所に走っていく途中、口の中にたまった唾をはいたところ、それが白鳥の姿になって、コタンカラカムイの妹の泣き声と同じ声で飛んでいった。更に走り続ける妹は涙と一緒に流れ出る洟を道ばたへ投げ捨てるとそれがたちまち萱になり、固い洟をかみすてるとそれがオニガヤになった。こうしてやっと兄のところへたどり着いてみると、コタンカラカムイの傷は思った程ひどくなかったので、二人は世界作りの仕事も終わったので、天に還ることにしたが、しばらくとまったいた地上に自分たちの片見を残していこうと、地上で用いた一切の物を置いていくことにした。それで現在海にいる蛸は、コタンカラカムイの妹の貞操帯であったものであり、亀はモウルという下着の化したものであるというし、北海道の原野にある雑草で、俗にアイヌ藁というノスリガヤは妹の陰毛であると伝えられている。』穂別・宮田タカラモシエカシ伝・更科源蔵編・アイヌ伝説集

雨竜ウエンコタン

『大昔、このあたりには、何百人ものアイヌが住むコタンがあった。ところがある時、ホウソウがはやってコタンの人は、みな死に絶え、広い原野にはネスコ(クルミ)という実のなる木ばかりが茂る土地となった。そしていつの時からか、「トイケップ トィォ」(死んだ人に土かけろ)」と鳴くハトが住むようになり、このハトが鳴くと必ず人が死ぬようになった』砂沢クラ・タスクップ オルシベ 私の一代の話より※砂沢クラさんは「何百人ものアイヌが死んだのに、死人に土もかけず弔いもしなかったので、ハトがこんな風に鳴くのでしょう」と記されていた。

雨竜の山男

『或る猟師が雨竜川の奥へ山狩りに行ったら、三人の人間が向かい合って焚火をしていたが、猟師の姿を見ると忽然と消えてしまい、焚火をしていたあとには、三筋の弓と矢がおいてあったので、それを拾って持って帰ったら、それから猟運がとてもよかった。火を焚いた跡には灰が少しあったが雪は消えておらず、足跡も雪輪の紐の跡がついているだけでぬかった跡がなかった・・・・』新十津川村・空知保エカシ伝・更科源蔵編・アイヌ伝説集

雨竜沼の山男

『雨竜川の上流雨竜沼の三股の奥にウツという山があるが、そこに沼が一つある。この沼の付近へ熊狩に行くと何か人の話をする声がしたり、筏を組んであったりするが、これは山男のやることだと伝えられている。山男はどうして歩くのかは分からないが、足跡を見ると沢のこっちに片脚の雪輪の跡が半分つき、片脚の跡は沢のむこうについているという。或る人が出会ったら目のキョロギョロした恐ろしい顔をして、今にも飛びかかりそうだったので煙草を出したら、急にニコニコ喜んでいってしまった。だからその辺で熊狩りをするときは木幣をつくって、その上に煙草を上げておかなければならなかったし、必ず山狩りには煙草を持って行かなければならないと言われた。』旭川・石山秋三郎エカシ伝・更科源蔵編・アイヌ伝説集

雨竜の地名伝説

『雨竜町付近に昔大きなコタンがあった。或る年このコタンに羽搏によって風を起こすという巨鳥フウリュウ(フリーカムイ)が現れて、毎日の様にコタンの女や子供をさらっていくので、コタンは不安と恐怖に生きた気がしなかった。そのときこのコタンに、力は人一倍あるけれども、頭の働きが少々鈍い若者がいて、首長に「俺がフウリュウを退治してやるから頭巾と小袖を貸してくれ」と申し出た。変なことを言うとは思ったが、とにかく頭巾と小袖を貸してやったところ、若者はそれを持ってフウリュウの棲むという高い崖に登って、そこにあった枯れ木を削りそれに頭巾を被せ小袖を着せて、自分は物陰に隠れて待っているとフウリュウはそれをみて人間とみて襲いかかり、爪をかけたところへ若者が飛び出して、フウリュウの足を刀でなぎ払ったので、フウリュウは悲鳴をあげて、胆振の鵡川の方へ逃げたが、その傷から流れる血が雨のようにあたりに散ったという。そしてフウリュウのいたところをフウリュウ(雨竜)と言うようになったという。』近江正一・伝説の旭川及びその周辺『このフリーは鹿でも人間でも、さらっていく恐ろしい鳥で、雨竜川の三又の奥の松原いるという事だった』新十津川・空知保エカシ伝・更科源蔵編・アイヌ伝説集※伝説のフリーは大鷲ともハゲタカとも言うがその正体は不明。ただ大鷲やハゲタカが北海道で人(成人)を襲ったことが史実として記録として残されているというので、元々のモデルはその辺かもしれない。

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

空知 NAV

新十津川町の旅
滝川市を巡る旅
雨竜町を巡る旅
深川市を巡る旅
沼田町を巡る旅
秩父別町を巡る
妹背牛町を巡る
北竜町を巡る旅
芦別市を巡る旅
赤平市を巡る旅
浦臼町を巡る旅
月形町を巡る旅
歌志内市を巡る
上砂川町を巡る
砂川市を巡る旅
奈井江町を巡る
美唄市を巡る旅
三笠市を巡る旅
岩見沢市を巡る
夕張市を巡る旅