カウンター

浦臼町の自然とアウトドア情報‼

鶴沼公園キャンプ場

鶴沼公園鶴沼を中心にオートサイトとフリーサイトのキャンプ場があります。札幌圏から近く週末ともなると混み合う事が多い。フリーサイト以外は予約制ですが夏休みは早く予約しておかないと利用するのは難しそうです。サイトはオート20区画、バンガロ6棟、フリーサイトは制限なし。コインランドリーや温水シャワーがあり長期滞在も可能。車の走行音が気になるかも。◆浦臼町キナウスナイ188 TEL:0125-67-3109

三軒屋沼

三軒屋沼三軒屋沼は西沼と東沼から成り立つ。石狩川の屈曲した流れが氾濫時に取り残されてできた三日月形の沼。自然形成的なものとしては代表的な沼だという。月形町は河川改良による人工的な三日月湖が多いのに対し、浦臼町には河川氾濫による河道の変化で取り残された三日月湖が多い。駅から国道交差点を横断して右折し、最初の十字路を左折、直進。西沼、東沼の順に道路沿いから眺めることができる。写真は西沼ですが釣りは東沼の方が良さそうな雰囲気。

晩東貯水池

画像枠浦臼での稲作の歴史は古く、明治27年には試作されていました。耕作面積の拡大により『貯水池』の必要性が生じました。この貯水池は、晩生内北東部周辺の造田を進めるため、大正4年に築造された物です。(説明版より)出来てから半世紀を過ぎた貯水池に満々と水が湛られて周囲の自然に溶け込み天然湖のような風情がある。◆浦臼町字晩生内

トイ沼&ピラ沼

ビラ沼トイ沼の方は岸の柳などは少なく周囲は畑でヘラブナ釣りやカヌーなどで訪れる方もいる。冬はワカサギの釣場になっている。ピラ沼は片方は名前の通り崖になり深さもあるが反対側は浅く釣りにもならないようだ。意外と風景的には良く樺戸連峰を背景にした撮影のピンスポット。春と秋は野鳥の撮影などで訪れる人もいる。他の沼に関しては新沼と浦臼沼以外は簡単には湖岸には近づけない。

札的内川大滝

浦臼山から樺戸山は標高で900mほどの高さですが眺望の良さから良く登られている。沢からのアプローチでは札的沢のルートが距離的に近く一番利用される。沢自体は水量もそれ程なく沢自体もあまり綺麗な感じはしないが本流、支流ともに滝が多いのが特徴。単に滝を見に行くと言うのであれば本流の大滝までにしましょう。此処までならば本格的な装備でなくとも何とか可能と思います。

浦臼山(718.2m)

画像枠集治監沢沿いに延びている林道はダムの前で車止めとなりこれからは林道歩きで浦臼岳に向かう。林道とはいえ結構傾斜は有り照り返しも有るので熱い時は少しきついかも。やがて展望が開け樺戸連峰案内板のある第二展望台に着くが、良い休憩地になる。此処で一息入れると更に傾斜のきつくなった林道歩きが続き、尾根道に出てから二度ほどアップダウンの後、左手の開けたところに頂上標識がある。だがその先にもっと広い山頂がある。空気が澄んでいれば空知平野とその向こうに夕張山地、十勝連峰と大雪連峰迄が展望できる。隈根尻山やピンネシリから増毛山地まで見える。この高さにしては驚くほどの展望の良さで、普段は気が付かない三日月湖の形が良く判るのも嬉しい。山菜採りの方もいるようですが春は花も割と咲いてます。登山道はこの先も続いてますが気軽にと言うのであればここまで。往復で2時間以上はかかると思います。念のためヒクマ除けの鈴は持参した方が良い。

浦臼町の自然と観光スポット・ミニギャラリー

画像枠 画像枠 画像枠 画像枠 画像枠 画像枠

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

空知 NAV

浦臼町を巡る旅
月形町を巡る旅
深川市を巡る旅
沼田町を巡る旅
秩父別町を巡る
妹背牛町を巡る
北竜町を巡る旅
芦別市を巡る旅
赤平市を巡る旅
滝川市を巡る旅
雨竜町を巡る旅
新十津川町の旅
歌志内市を巡る
上砂川町を巡る
砂川市を巡る旅
奈井江町を巡る
美唄市を巡る旅
三笠市を巡る旅
岩見沢市を巡る
夕張市を巡る旅