エントリー

秘密保護法は犯罪を強要する!!

憲法を蹂躙した違法な特定秘密保護法を、法律として強制する事は犯罪行為。阿倍内閣が性急に秘密保護法成立をゴリ押し成立させたのは公権力のあらゆる犯罪を隠蔽するため。秘密保護法で実際の捜査担当は警察官(多分)として、彼らも何が秘密なのかは知らされない。そこで関係有りそうなジャンルに的を絞り、人物や団体をマークし監視する事になるのは当然の成り行きで、藤原紀子さんの例とおなじように、何の根拠がなくても調査・監視されることになる。マークや監視されていると感じれば、取材や情報開示を求める行動、脱原発運動が萎縮することは想像に難くない。特定秘密保護法は監視社会で民主的な運動を圧殺し、戦前と同じ統制社会をつくり不都合な情報を隠蔽する。秘密保護法案は廃止しか無い!!

ページ移動

コメント

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/02 19:06:12

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/03 10:17:05

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/13 09:14:10

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/08/04 11:05:40

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/08/17 09:35:13

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/09/14 13:22:59

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Feed