エントリー

3.11フクシマ・チェルノブイリと同じ道を!!

福島県では甲状腺の検査で3割以上の子どもたちに健康被害の兆候があり、チェルノブイリ高濃度汚染地区に匹敵する頻度で、子ども達に甲状腺癌が発生しこれから激増する可能性も。低線量被爆でも子どもの甲状腺癌につながることは否定出来ない。

世界保健機関はチェルノブイリ事故で放射性ヨウ素による小児甲状腺癌しか認めていないが、低線量内部被爆に警鐘を鳴らすウクライナ在住の病理解剖学者バンダジェフスキー博士は、セシウム137は特に心筋細胞に蓄積しやすく心筋障害や不整脈などの心臓疾患が起きやすくなると報告している。被爆国ベラルーシ人の死因トップは心臓血管系の疾患だったが、衆議院の震災復興特別委員会で南相馬市立総合病院副院長が、暫定的なデーターと前置きしながら?脳卒中発症率が「65歳以上で1.62倍、35歳から64歳では3.43倍」と衝撃的な証言をした。これはベラルーシと同じ事が日本でも起こりつつあると言っても良い、これからは子どもは甲状腺癌を含む健康障害、そして大人は突然死が大きな問題になってくると思います。

内部被曝を防ぐには汚染された空気を吸わない、汚染水を飲まない、汚染食品を食べないという事になるが、最近はマスク着用をしている人を見ないし、日本政府は検出限界値を引きあげて汚染食品を拡散し国民の口に入れて処理するという真逆の政策を行っている。

そして100万人が飲む水道水の取水地点にも放射能が迫り最大の危機を迎えつつあるというのに、水道水の基準値は日本の原子力安全委員会が定めた300ベクレルで、米国環境保護庁の定める飲み水の最高汚染基準値を遥かに超えた約2700倍。日本の水道水検出限界値は以前の2000倍に変更され、それ以下は不検出と既に安全な水ではなくなっている。

この国は声を上げ続けない限り誰も守ってくれません。また上げ続けることで社会から排除されかねない、それでも声を上げ続けることです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Feed