エントリー

福島原発事故あれから2年

幼児の甲状腺の被ばく線量は、浪江町で100~200ミリシーベルトとWHOが被ばく線量推計を発表、報告書は日本政府が公表したデータより作成されたもので、これは避難地域に相当する線量にあたる。福島の癌化スピードはチェルノブイリの5倍と尋常でないことに加え、突然死が増加しているという。前代未聞の原子炉が三基もメルトスルー、メルトアウトとし、大気中に大量の放射性物質が拡散され、そこで何が起きてくるのか冷静に見極めなければなりません。それにしても日本社会の無反応、危機感のなさは異常に見える。起きた事なかったことには出来ないし、これからもついてまわる放射線被爆への不安、国家崩壊の危機が彼らには見えていないのか?

ページ移動

コメント

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/01 21:54:03

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/05 11:25:03

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/12 00:06:24

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/07/13 09:13:56

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/08/01 14:53:57

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Feed