エントリー

近代政党の最低条件は・・・

◎政党としての最低限の資格として1・党綱領・規約がありそれを具体化した政策がある。2・自前の政治資金を持っている。3・自前の報道機関を持っている。4・党員がいて党の活動に参加している。これくらいは必要と思うし、他の先進資本主義国では普通の事。この条件を元に代表的な各政党をみてみた。

◎党綱領については政権選択の判断になるものであり特に重要視した。どのような社会をどのような方法で実現し国民に提供するという展望が示されてないのは政党の綱領とは言えない。綱領と政策、公約が一貫していればその政党が綱領を重視していると見なした。ただし現実政治の中で綱領と異なる政策をとっている場合は政党交付金対策であり綱領はそれ程重視されていないと判断。また綱領が具体化された政策がなければ綱領としては極めて不十分である。

◎自由民主党※綱領の柱は共産主義とたたかうこと、憲法改正するという事になっている。どんな社会を国民に提供したいのかわからない、綱領というのには視点がずれている。しかも綱領に示された福祉の内容とは反対の政策を施行している。

◎民主党※党の分裂を避けるため長らく綱領を持たなかったが、選挙で惨敗し新綱領を作成した。ただ中身は玉虫色でどちらかといえば選挙の反省文と政権奪還を誓う内容、綱領とは言い難い。

◎公明党※人間主義(中身は?)を貫きとあり、全体として格調はたかいのだが、実際の政治舞台では綱領とは逆方向に向かっているように見え、政党の綱領として価値が軽すぎる。政治資金や党員では創価学会との関係が微妙。

◎日本維新の会※2013年に制定されたが綱領内で書いてあることに矛盾が多く、綱領というよりは右翼的民族ナショナリズムの宣言に近い。綱領というには政策との区別もあいまい、会派というべき内容かも。

◎国民の生活が第一 生活の党※綱領で述べているのは民主主義の原則であり、党が具体的にどんな社会や未来を国民に提供したいのかよくわからない。近代政党の雰囲気はあるが矛盾も、政党の綱領としては不十分。

◎みんなの党※みんなの党サイトに綱領は見あたらず、規約の中に目的として「脱官僚」「地域主権」「生活重視」が有るだけで、国民に具体的な未来をしめしていない。政党というよりは会派というべき内容かも。

◎社会民主党※1996年に日本社会党が改称して発足したが綱領はなく理念が書かれている。一応理念に沿った政策も列記しているが、綱領ほど厳格ではなさそう。全体として曖昧さはのこる。

◎みどりの風※党綱領をみてみたが、綱領としてみるとどんな社会や未来を国民に提供したいのか抽象的で、政策だけ優先された印象。綱領との一貫性を確認できなかった。会派なら十分だが。

◎日本共産党※党綱領は言葉はやや難解だか、政党の存在理由がはっきりとしている、規約、政策に一貫性があり、自前の政治資金と報道機関があり、党員の活動も具体的である。

※政治資金では共産党を除き「政党助成金」を受け取っている。党員に関しては日本維新の会、みどりの風は実態を確認できなかった。また4つの最低条件すべてクリアーしたのは共産党だけだったことは驚き。

ページ移動

コメント

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/03/31 07:57:52

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年05月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着コメント

Re:特定秘密保護法案の廃止を
2021/05/06 from 承認待ち
Re:脱原発の東京都知事選挙に注目
2021/05/06 from 承認待ち
Re:地震・火山大国日本
2021/05/05 from 承認待ち
Re:相対貧困率が堂々の2位の日本
2021/05/05 from 承認待ち
Re:自称イスラム国ISIS過激組織のテロ行為について
2021/05/05 from 承認待ち

Feed