エントリー

食べて応援 は危険

チェルノブイリの教訓から言えば放射性物質に汚染された食品を食べると食品を介して放射性物質が体内に侵入する。内部被爆を防止するには汚染食品を食べないこと。『食べて応援』はこれを無視した暴論です。行政が発表している放射線の検出限界値を上方に変更し汚染食品隠しに手を貸しているのは許せない行為です。汚染食品を避けるには産地で選択するしかない。

放射性物質暫定規制値は非科学的数値食品中の放射性物質暫定規制値は、医薬品のように厳しい臨床テストを繰り返し影響を考慮して決められた数値ではありません。人を被爆させて臨床テストをすることは不可能であり暫定規制値そのものが非科学的数値だから暫定なのです。暫定規制値以下の食品であっても食べてはいけません。

外部被爆に関して

国際原子力機関(IAEA)の放射線防護の基準値などは殆ど企業論理が優先した基準であり、ウクライナは膨大な数の放射線障健康被害者が低線量内部被曝で顕われた経験から、ICRPとIAEAの安全基準は間違いだと国家として強く抗議しています。

放射性物質の汚染状況は

福島第一原発は、燃料が入った炉心がすべてメルトダウンしただけでなく、使用済み核燃料プールのある建屋の水素爆発と燃料棒を含む3号機の臨界爆発(使用済みMOX燃料が一種の核爆発)で飛散した。福島原発事故のセシウム137放出量はチェルノブイリの約1/6と言うが、東電の報告に基づくデーターより試算された数字であり今までの経過から素直に信じろと言うのは無理な相談。チェルノブイリの総放出量より多くなる可能性も否定出来ない。ここでは相当な控えめの数字が出ていると思います。

3.11では千葉劣化ウラン倉庫が全焼し、東京と千葉は福島原発事故と千葉の劣化ウランによる二重汚染でチェルノブイリのキエフと同汚染レベルという説もある。福島は桁一つ上のMOX燃料を含む人類未体験の汚染です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

Feed